お役立ち情報(窓まわりリフォーム)

騒音で悩んでいませんか?内窓で、防音性アップ。

内窓を取付ける事により、空気の出入りする隙間を少なくし、気密性を高める事で、防音効果を高めます。

今ある窓にプラスするだけ。お部屋のイメージはそのままに簡単に取り付け可能。

Before
Before
After
After

防音効果1 気になる音を入れない、出さない。

外窓とインプラス、その間の空気層が障壁となり、高い防音効果を発揮。室外の車の騒音や、赤ちゃんの大きな泣き声も約40dB(注1)ダウンさせ、静かな教室並みに。不快感のない静かな住環境をキープします。

音は10dB下がると約半分に感じられると言われます。

防音効果2 より防音効果を高めるために。

空気が出入りするすき間を少なくすることは、音の出入りを減らすことにつながります。
窓を二重にして気密性を高めることで、防音効果を高めることができます。

中間空気層を大きくして防音効果をアップ。
中間空気層を大きくして防音効果をアップ。
外窓とインプラスの間隔(中間空気層)が大きくなるほど防音効果は向上します。この間隔が狭い場合は、ふかし枠(オプション)を取り付ける方法があります。
防音効果を高めるにはガラス選びもポイントに。
外窓とインプラスの間隔(中間空気層)が大きくなるほど防音効果は向上します。
この間隔が狭い場合は、ふかし枠(オプション)を取り付ける方法があります。
遮音性
(社内試験による)
T-4等級 [引違い窓]
外窓 アトモスIINT:A-4(2)等級(単板ガラス5mm)+内窓インプラス(単板ガラス5mm)使用時、中間空気層80mm

※以下の場合はT-3(35)等級となります。
・[引違い窓]外窓 アトモスIICT:A-3(8)等級、中間空気層80~95mm、外窓単板ガラス3mm、内窓単板ガラス5mm

COLUMN 音の体感実験。身近な音の大きさはどれくらい?
携帯電話の着信音で実験 ※距離30cmで測定

<遮音性能の数値について(注1)>
※このホームページに示されている遮音性能は 「JISで定められた方法」 により実験室で測定した値です。
実際の建築物の現場で測定したとき、実験室とは音場*が異なるので、それぞれの測定値に差異が生じます。
*音場:音波が伝わっている空間の状況を示す。
※一重窓(ガラス厚さ5mm)では一般的に-20から-25dbの遮音性能といわれています。
※建物の構造、用途の違い等により得られる効果に違いがあります。
※音の種類によって得られる効果に違いがあります。
※実験の結果は効果を模擬的に表したものです。インプラスの性能ではありません。

内窓インプラスお取付けは、
1窓あたり1時間の簡単施工
※施工現場の状況により施工時間が異なる場合がありますので、目安としてお考えください。
壁などを壊す大掛かりな工事は不要です。

ページの先頭へ戻る


個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。