リフォームTOP > 外壁リフォーム > お役立ち情報 > 外壁リフォームの種類

お役立ち情報(外壁リフォーム)

外壁リフォームの種類

外壁の種類としては、大きく分けて2種類に大別されます。リフォームに最適なのは、コストを安くおさえられる「塗装」 か、
家の印象を大きく変えるテクスチャーをもちあわせた「金属系サイディング」が最適です。
「金属系サイディング」は、軽くて躯体に負担をかけず、現在の外壁材の上から重ね張りができるのが特長です。
詳しくは、リフォーム会社(加盟店)へご相談ください。

素材別 外壁リフォームの種類

●モルタル+塗装
セメントと砂を混ぜて水を加えて練ったモルタルを下地に、樹脂系の塗料を吹き付けしたり、コテやローラーで模様を付けて仕上げます。
最近は、自然素材の漆喰や珪藻土の塗り壁も風合いがよく人気です。
再塗装は7~8年を目処に必要です。
●サイディング
ボード状の外壁材。工場内で生産され品質が均一化されており、タイル調やレンガ調、石目調などのデザインがあります。
ボード状の外壁材を下地に釘で打ちつけ、施工を行います。
種類としては、金属系サイディングと窯業系サイディングがあります。

金属系サイディングスチールやアルミを表面材として、中に断熱材を入れて成形したもの。表面は、メーカーにより工夫された様々な色・デザインがあります。
断熱性・防音性に優れ、窯業系サイディングの約1/4の軽さの為、リフォームに最適の素材で、建物に負担を掛けないのでオススメです。既存の外壁材の上から貼る重ね張りにも対応できます。

金属系サイディングの例(レンガ調)
金属系サイディングの例(レンガ調)
金属系サイディングの例(石積み調)
金属系サイディングの例(石積み調)
金属系サイディングの例(その他)
金属系サイディングの例(その他)

窯業系サイディングセメントなどを主原料として木片や無機物を混ぜて強化し、プレス成形したもの。
表面は、リアルなテクスチャーを表現したものもあり、様々な色・デザインがあります。

窯業系サイディングの例(レンガ調)
窯業系サイディングの例(レンガ調)
窯業系サイディングの例(石積み調)
窯業系サイディングの例(石積み調)
窯業系サイディングの例(その他)
窯業系サイディングの例(その他)

ページの先頭へ戻る


個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。