リフォームTOP > お役立ち情報 > シックハウス症候群

お役立ち情報

シックハウス症候群

お住まいは、毎日、食事や休息、寝床として毎日かかせない場。
お住まいが、もし、健康を害するもので作られていたら大変です。
現在、シックハウス症候群対策として、内装建材商品に対し、JIS・JAS等の記号表示がされています。
F☆☆☆☆が最高基準です。基礎知識として知っておきましょう。
もし、気になる場合は、リフォーム会社(加盟店)にご相談ください。

シックハウス症候群って何?
リフォームや新築をした住宅に入居した人が、住宅建材から室内に発生する揮発性化学物質やダニアレルゲン等が原因で頭痛や目・喉の痛み、吐き気、めまいなどの健康障害を引き起こす事を「シックハウス症候群」といいます。 詳しい原因はまだ解明されていない部分もありますが、日常生活の工夫や住環境の整備で改善することも可能です。

シックハウス対策 基礎知識

シックハウス症候群はなぜ起きるのでしょう?

主な原因
  1. (1) 住宅などに使用されている建材や家具、日用品などから様々な化学物質が発散。
  2. (2) 住宅の気密性が高くなった。
  3. (3) ライフスタイルが変化し、換気が不足しがち。
主な対策
  1. 建材や家具、日用品などから発散する化学物質を減らす。
  2. 換気設備をつけて室内の空気をきれいにする。
シックハウス症候群はなぜ起きるのでしょう?

改正基準法に基づくシックハウス対策

1993年に建築基準法が改正されて、シックハウス対策の為の規制が導入されています。

ホルムアルデヒド対策
ホルムアルデヒド対策
対策1:内部仕上げの制限
内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材には面積制限をします。
対策2:換気設備設置の義務付け
ホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合でも、家具からの発散があるため、原則としてすべての建築物に機械換気設備が義務付けられています。
対策3:天井裏などの制限
天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐ為、次の(1)~(3)のいずれかの措置が必要になります。
(1)建材による措置 天井裏などに第1種、第2種のホルムアルデヒド発散建築材料を使用しない(F☆☆☆以上とする)。
(2)気密層、通気止めによる措置 気密層又は通気止めを設けて、天井裏などと居室とを区画する。
(3)換気設備による措置 換気設備を居室に加えて、天井裏なども換気できるものとする。
クロルピリホス対策

有機リン系の白アリ駆除剤「クロルピリホス」は、居室を有する建築物への使用を禁止します。

シックハウスに関する用語説明
ダニアレルゲン 家の中にたくさんいる「チリダニ」とその糞や死骸などの総称。喘息などの主なアレルギー症状の原因になる。チリダニが住めるところであればダニアレルゲンはどこにでもある。
ホルムアルデヒド シックハウスの原因とされる、特異な臭気があり粘膜を刺激する建築材料。最近の住宅は、気密性・断熱性が向上し、ホルムアルデヒドを含んだ建築材料を多く使用するようになったために、人体への影響が問題視されるようになった。
クロルピリホス ホルムアルデヒドとならび、シックハウスの原因とされる化学物質。もともと、白アリ駆除などを目的とした有機リン系殺虫剤として広く使われていた。

ページの先頭へ戻る


個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。