リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > 家の老朽化をリフォームで快適な住まいへ

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(老朽化について)
家の老朽化 リフォームで快適な住まいへ

「家の老朽化」は、リフォームのきっかけとして一番多い理由です。

しかし、あまりにも老朽化が進んでいる場合、修復する箇所が多くなりリフォーム費用も高額になってしまいます。

そうならないためには、定期的に家をメンテナンスする必要があります。

老朽化でリフォームするときの目安

老朽化によるリフォームは、家に住んでいる限り避けて通れないものです。

建物自体に使われている部材には耐用年数が決まっており、その耐用年数のサイクルにあわせてメンテナンスやリフォームを行うのが、家を長持ちさせるポイントです。

例えば、早いサイクルである床のビニールクロスであれば、築5年ほどからリフォームしたほうがいいケースもあります。

中でもトイレや洗面所などの水まわりの劣化は、大きな被害にいたる場合もあるので10年を経過した時点でリフォームを視野に入れたほうがよいでしょう。
また、キッチン、風呂、外壁などは、一般的に15年~20年くらいがリフォームの目安です。

住宅の耐用年数は30年程度と言われており、30年を目処に家全体の大きなリフォームが必要になってきます。
築30年ともなるとライフスタイルも変化することが多いので、リフォームの際には二世帯住宅、バリアフリー、耐震リフォームも合わせて検討してみましょう。

住宅寿命を延ばすリフォーム術

住宅寿命を延ばすためには、定期的なメンテナンスが不可欠ですが、メンテナンスを兼ねてリフォームをしてしまうのもいいでしょう。

リフォームは、ただ建物の美観のために塗装したり、張り替えたりするわけだけではありません。

紫外線や雨風にさらされ、防水機能が失われると家の劣化は急激に進みますが、リフォームは家そのものを外的要因による劣化や破損から守ることができます。

定期的なメンテナンスをするタイミングでリフォームをするのも一つの手です。

+αのリフォームを

老朽化でリフォームする場合、劣化した箇所を新しくするだけでなく、耐震リフォームや防犯リフォーム、断熱リフォームなど、構造に関わるリフォームも取り入れてみてはいかがでしょうか。

特に築年数が古い住宅には、耐震リフォームがおすすめです。
東日本大震災以降、耐震リフォームを検討されるお客さまは増えています。

また、築年数の古い住宅は断熱機能が十分ではなく、冷暖房の効き具合にも影響していることがあるので、リフォームをすることで光熱費の節約にも繋がります。

メンテナンスを兼ねたリフォームに+αのリフォームをすることで、一生涯安心した暮らしを手に入れることができるかもしれません。
+αのリフォームに興味のある方は、プロに相談してみましょう!

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

家の老朽化について気になる方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営!
    厳しい審査を通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で
      営業される心配がない

    • 気兼ねなく
      自分のペースで
      とことん相談できる

    • 断るときも
      ボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全!
    保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。

リフォーム会社お探しサイト
(業界最大手LIXIL[リクシル]が運営するサイト)

無料でかんたん! まずは相談・見積

  • メニュー
  • マイページ

リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > 家の老朽化をリフォームで快適な住まいへ

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(老朽化について)
家の老朽化 リフォームで快適な住まいへ

「家の老朽化」は、リフォームのきっかけとして一番多い理由です。

しかし、あまりにも老朽化が進んでいる場合、修復する箇所が多くなりリフォーム費用も高額になってしまいます。

そうならないためには、定期的に家をメンテナンスする必要があります。

老朽化でリフォームするときの目安

老朽化によるリフォームは、家に住んでいる限り避けて通れないものです。

建物自体に使われている部材には耐用年数が決まっており、その耐用年数のサイクルにあわせてメンテナンスやリフォームを行うのが、家を長持ちさせるポイントです。

例えば、早いサイクルである床のビニールクロスであれば、築5年ほどからリフォームしたほうがいいケースもあります。

中でもトイレや洗面所などの水まわりの劣化は、大きな被害にいたる場合もあるので10年を経過した時点でリフォームを視野に入れたほうがよいでしょう。
また、キッチン、風呂、外壁などは、一般的に15年~20年くらいがリフォームの目安です。

住宅の耐用年数は30年程度と言われており、30年を目処に家全体の大きなリフォームが必要になってきます。
築30年ともなるとライフスタイルも変化することが多いので、リフォームの際には二世帯住宅、バリアフリー、耐震リフォームも合わせて検討してみましょう。

住宅寿命を延ばすリフォーム術

住宅寿命を延ばすためには、定期的なメンテナンスが不可欠ですが、メンテナンスを兼ねてリフォームをしてしまうのもいいでしょう。

リフォームは、ただ建物の美観のために塗装したり、張り替えたりするわけだけではありません。

紫外線や雨風にさらされ、防水機能が失われると家の劣化は急激に進みますが、リフォームは家そのものを外的要因による劣化や破損から守ることができます。

定期的なメンテナンスをするタイミングでリフォームをするのも一つの手です。

+αのリフォームを

老朽化でリフォームする場合、劣化した箇所を新しくするだけでなく、耐震リフォームや防犯リフォーム、断熱リフォームなど、構造に関わるリフォームも取り入れてみてはいかがでしょうか。

特に築年数が古い住宅には、耐震リフォームがおすすめです。
東日本大震災以降、耐震リフォームを検討されるお客さまは増えています。

また、築年数の古い住宅は断熱機能が十分ではなく、冷暖房の効き具合にも影響していることがあるので、リフォームをすることで光熱費の節約にも繋がります。

メンテナンスを兼ねたリフォームに+αのリフォームをすることで、一生涯安心した暮らしを手に入れることができるかもしれません。
+αのリフォームに興味のある方は、プロに相談してみましょう!

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

家の老朽化について気になる方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営! 厳しい審査を
    通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で営業される心配がない

    • 気兼ねなく自分のペースでとことん相談できる

    • 断るときもボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全! 保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

おすすめリフォーム情報

個人情報をSSLで暗号化し、保護しておりますので、安心してご利用いただけます。