リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > 家の修繕が必要?リフォームをするタイミングとは?

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(老朽化について)
家の修繕が必要?リフォームをするタイミングとは?

家の修繕を兼ねたリフォームは、よくあるリフォームの理由の一つです。
家の一部が壊れたり劣化したりした場合、そのまま放置しておくと快適な生活に影響をきたす可能性があります。

また、不動産の価値も下げてしまうことがあるので、できるだけ早いリフォームをおすすめします。

家をリフォームするタイミング

当然ですが、家にも経年劣化があるため、建物の耐用年数や部材の修繕サイクルが設定されていますが、経年劣化以外でもリフォームしたほうがいいケースもあります。

例えば「雨漏りや水漏れなどを放置することで生じる建物の破損」「シロアリやスズメバチ、ハクビシン、アライグマなど、動物による家屋被害」は、早急な修繕が必要です。

「リフォームはいつかやればいい」とそのまま放置しておくと、リフォームするとなった段階でかなりの出費になってしまうこともあるためです。

修繕範囲が小さいうちに、対象箇所をリフォームしておくようにしましょう。

しかし、よく検討してから一気にリフォームしたほうがいいケースもあります。
例えば「リフォームでデザインを良くしたい」「二世帯住宅に変えたい」「屋根や壁の色を変えたい」など、状況によってリフォームのタイミングは検討する必要があります。

リフォームに最適な時期

早急なリフォームが必要にならない限りは、メンテナンス時期に合わせてリフォームするのが最適なタイミングでしょう。

また、対象箇所によって家のメンテナンス時期がだいたい決まっています。
例えば、瓦屋根の場合は20~30年、サンディングの屋根の場合は10~15年周期でメンテナンスをすることで、家を長持ちさせることができると考えられています。

しかし、生活に支障が出る・建物が倒壊する恐れのある場合は、今すぐリフォームを検討する必要があるので注意しましょう。

リフォームするならここもチェック!

修繕を目的にしたリフォームをする場合は、他にも修繕が必要な箇所がないかチェックしてみましょう。

チェックしてみると、一緒にリフォームしたほうがいい箇所が見つかる場合もあるので、念入りな確認が大切です。
例えば、浴室のリフォームを考えている場合、洗面所やトイレなども同じメーカーで統一させることで見た目も良くなります。

また、修繕のついでにバリアフリーのリフォームをする場合にも、一部分ではなく全体をバリアフリーにした方が効率的です。

目的や状況によってリフォームするタイミングはそれぞれですが、「あの時、一緒にリフォームしておけばよかった・・・」と後悔しないためにも、不明点はまずプロに相談してみましょう。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

リフォームのタイミングでご不明点がある方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営!
    厳しい審査を通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で
      営業される心配がない

    • 気兼ねなく
      自分のペースで
      とことん相談できる

    • 断るときも
      ボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全!
    保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。

リフォーム会社お探しサイト
(業界最大手LIXIL[リクシル]が運営するサイト)

無料でかんたん! まずは相談・見積

  • メニュー
  • マイページ

リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > 家の修繕が必要?リフォームをするタイミングとは?

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(老朽化について)
家の修繕が必要?リフォームをするタイミングとは?

家の修繕を兼ねたリフォームは、よくあるリフォームの理由の一つです。
家の一部が壊れたり劣化したりした場合、そのまま放置しておくと快適な生活に影響をきたす可能性があります。

また、不動産の価値も下げてしまうことがあるので、できるだけ早いリフォームをおすすめします。

家をリフォームするタイミング

当然ですが、家にも経年劣化があるため、建物の耐用年数や部材の修繕サイクルが設定されていますが、経年劣化以外でもリフォームしたほうがいいケースもあります。

例えば「雨漏りや水漏れなどを放置することで生じる建物の破損」「シロアリやスズメバチ、ハクビシン、アライグマなど、動物による家屋被害」は、早急な修繕が必要です。

「リフォームはいつかやればいい」とそのまま放置しておくと、リフォームするとなった段階でかなりの出費になってしまうこともあるためです。

修繕範囲が小さいうちに、対象箇所をリフォームしておくようにしましょう。

しかし、よく検討してから一気にリフォームしたほうがいいケースもあります。
例えば「リフォームでデザインを良くしたい」「二世帯住宅に変えたい」「屋根や壁の色を変えたい」など、状況によってリフォームのタイミングは検討する必要があります。

リフォームに最適な時期

早急なリフォームが必要にならない限りは、メンテナンス時期に合わせてリフォームするのが最適なタイミングでしょう。

また、対象箇所によって家のメンテナンス時期がだいたい決まっています。
例えば、瓦屋根の場合は20~30年、サンディングの屋根の場合は10~15年周期でメンテナンスをすることで、家を長持ちさせることができると考えられています。

しかし、生活に支障が出る・建物が倒壊する恐れのある場合は、今すぐリフォームを検討する必要があるので注意しましょう。

リフォームするならここもチェック!

修繕を目的にしたリフォームをする場合は、他にも修繕が必要な箇所がないかチェックしてみましょう。

チェックしてみると、一緒にリフォームしたほうがいい箇所が見つかる場合もあるので、念入りな確認が大切です。
例えば、浴室のリフォームを考えている場合、洗面所やトイレなども同じメーカーで統一させることで見た目も良くなります。

また、修繕のついでにバリアフリーのリフォームをする場合にも、一部分ではなく全体をバリアフリーにした方が効率的です。

目的や状況によってリフォームするタイミングはそれぞれですが、「あの時、一緒にリフォームしておけばよかった・・・」と後悔しないためにも、不明点はまずプロに相談してみましょう。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

リフォームのタイミングでご不明点がある方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営! 厳しい審査を
    通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で営業される心配がない

    • 気兼ねなく自分のペースでとことん相談できる

    • 断るときもボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全! 保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

おすすめリフォーム情報

個人情報をSSLで暗号化し、保護しておりますので、安心してご利用いただけます。