リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > 水まわりのリフォームはここをチェック!

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(老朽化について)
水まわりのリフォームはここをチェック!

水まわりは使用頻度が高い箇所であるため、リフォームの対象になる箇所のひとつです。

今回は、水まわりのリフォームの注意点やタイミングについてご紹介します。

水まわりのリフォームで注意すること

築年数が経つと、お風呂・キッチン・トイレなど水まわりの劣化や老朽化が進んできます。

浴室のタイル床のヒビ割れや繋ぎ目のコーキング切れ、キッチンからの異臭などが目立ってきたら、水まわりのリフォームを考えましょう。

しかし、水まわりは設備機器の種類も多く、どのグレードの設備を選ぶかによってリフォーム費用に大きく差が出るので、費用についてはしっかりと確認するようにしましょう。

例えば、トイレの場合は最新型のタンクレストイレを設置すると、空間が広く使えます。
しかし、トイレの近くに洗面所がない場合、トイレ内に固有で手洗い場を作らなければならないため、費用がかさんでしまいます。

また、ユニットバスのリフォームの場合、ユニットバス本体の他、設備の撤去・取付工事や電気工事、給水給湯や排水管工事費用も含んだ費用になります。

事前にリフォームの予算や範囲を決めておき、リフォーム会社に相談をしながら設備機器を選ぶようにしましょう。

水まわりのリフォームのタイミング

一般的に、水まわりのリフォームのタイミングは15~25年といわれています。

劣化の進行速度にもよりますが、タイル張りの在来工法の浴室の場合、築15~20年程度で土台や下地材が腐食していることがあります。

また、小さなひび割れでも放置しておくと水を吸い込み、内部で腐食が進むケースもあります。

これらに気づかずに水まわりのリフォーム時期を逃した結果、構造部まで腐食が進んでしまって補修費用がかさんでしまうこともあるので注意が必要です。

なお、水まわりのリフォームの時期の目安は、劣化によるものだけではありません。
築15年を過ぎる頃には、浴室内ではカビが目立つようになったり、キッチンでは汚れや不便さが気になったりし始めます。

設備は使えるものの、快適に使用できなくなったと感じた時はリフォームのタイミングになります。

水まわりをまとめてリフォーム

リフォームは関連工事をまとめて行うことで、効率が上がって費用も削減できます。
その中でも効果が大きいのは「水まわりをまとめてリフォームする」ことです。


水まわりには、共通のリフォーム会社が入ることが多いため、バラバラに工事をするよりもまとめてリフォームする方がおすすめです。

一般的にリフォームのボリュームが大きくなるほど、費用の調整がしやすい傾向にあり、コストダウンがしやすくなります。
特に浴室+洗面所+給湯器は水まわりという関連性があるので、できるだけ同時にリフォームしましょう。

まずはプロに相談してみましょう。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

水まわりのリフォームをご検討されている方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営!
    厳しい審査を通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で
      営業される心配がない

    • 気兼ねなく
      自分のペースで
      とことん相談できる

    • 断るときも
      ボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全!
    保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。

リフォーム会社お探しサイト
(業界最大手LIXIL[リクシル]が運営するサイト)

無料でかんたん! まずは相談・見積

  • メニュー
  • マイページ

リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > ●●●●●●●●

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(老朽化について)
水まわりのリフォームはここをチェック!

水まわりは使用頻度が高い箇所であるため、リフォームの対象になる箇所のひとつです。

今回は、水まわりのリフォームの注意点やタイミングについてご紹介します。

水まわりのリフォームで注意すること

築年数が経つと、お風呂・キッチン・トイレなど水まわりの劣化や老朽化が進んできます。

浴室のタイル床のヒビ割れや繋ぎ目のコーキング切れ、キッチンからの異臭などが目立ってきたら、水まわりのリフォームを考えましょう。

しかし、水まわりは設備機器の種類も多く、どのグレードの設備を選ぶかによってリフォーム費用に大きく差が出るので、費用についてはしっかりと確認するようにしましょう。

例えば、トイレの場合は最新型のタンクレストイレを設置すると、空間が広く使えます。
しかし、トイレの近くに洗面所がない場合、トイレ内に固有で手洗い場を作らなければならないため、費用がかさんでしまいます。

また、ユニットバスのリフォームの場合、ユニットバス本体の他、設備の撤去・取付工事や電気工事、給水給湯や排水管工事費用も含んだ費用になります。

事前にリフォームの予算や範囲を決めておき、リフォーム会社に相談をしながら設備機器を選ぶようにしましょう。

水まわりのリフォームのタイミング

一般的に、水まわりのリフォームのタイミングは15~25年といわれています。

劣化の進行速度にもよりますが、タイル張りの在来工法の浴室の場合、築15~20年程度で土台や下地材が腐食していることがあります。

また、小さなひび割れでも放置しておくと水を吸い込み、内部で腐食が進むケースもあります。

これらに気づかずに水まわりのリフォーム時期を逃した結果、構造部まで腐食が進んでしまって補修費用がかさんでしまうこともあるので注意が必要です。

なお、水まわりのリフォームの時期の目安は、劣化によるものだけではありません。
築15年を過ぎる頃には、浴室内ではカビが目立つようになったり、キッチンでは汚れや不便さが気になったりし始めます。

設備は使えるものの、快適に使用できなくなったと感じた時はリフォームのタイミングになります。

水まわりをまとめてリフォーム

リフォームは関連工事をまとめて行うことで、効率が上がって費用も削減できます。
その中でも効果が大きいのは「水まわりをまとめてリフォームする」ことです。


水まわりには、共通のリフォーム会社が入ることが多いため、バラバラに工事をするよりもまとめてリフォームする方がおすすめです。

一般的にリフォームのボリュームが大きくなるほど、費用の調整がしやすい傾向にあり、コストダウンがしやすくなります。
特に浴室+洗面所+給湯器は水まわりという関連性があるので、できるだけ同時にリフォームしましょう。

まずはプロに相談してみましょう。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

水まわりのリフォームをご検討されている方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営! 厳しい審査を
    通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で営業される心配がない

    • 気兼ねなく自分のペースでとことん相談できる

    • 断るときもボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全! 保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

おすすめリフォーム情報

個人情報をSSLで暗号化し、保護しておりますので、安心してご利用いただけます。