リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > 子供部屋をつくりたい!子供部屋のリフォームのポイント

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(家族について)
子供部屋をつくりたい!子供部屋のリフォームのポイント

子供部屋にはおもちゃや洋服、学校用品など幅広い収納が必要になります。

今回は子供部屋をリフォームする場合のポイントについて紹介します。

子供部屋のリフォームのポイント

子供部屋の収納スペースをつくるリフォームとして、固定した収納スペースもいいですが「成長に合わせて移動できる可動式タイプ」や「間仕切り機能を兼ね備えた製品」が便利です。

子供が小さいうちはベッドや机を並べて使い、必要な年齢になったら部屋の中央に間仕切収納を設けるのも一つの方法です。

この方法であれば、兄弟がいる場合もそれぞれのスペースをつくれます。

子供部屋は「将来の子供の成長に合わせて、レイアウトや収納が変えられるようにする」ことがポイントです。

勉強や遊びを通して感性も育てることができる子供部屋ですが、楽しい雰囲気づくりと個性の演出も考えてあげるといいでしょう。

子供部屋リフォームのアイデア

「子供部屋のリフォームをしたいけれど、今すぐには難しい・・・」という方は、家具を工夫してみましょう。

例えば、ベッドや机に収納などが組み込まれた機能性家具を使うと、1つの子供部屋を2人で使うことができるようになります。
もしくは、ロフトベッドを置けば、狭い部屋でも2人で使えます。

おすすめの家具は「置き方や組み合わせが変えられるシステム家具」です。
幼い頃はベッドを部屋の中央に並べて一緒に使い、大きくなってきたらベッドを背中合わせに配置したり、カーテンで仕切ったりできます。

子供の成長に合わせてそれぞれの空間が確保できるようにあらかじめプランを立てるようにしましょう。

子供はそれぞれの環境の中で多くのことを学びます。
子供部屋のリフォームやインテリアを考える際には「創造力を養うようなもの」「子供の感性が磨かれるもの」を心がけて、子供部屋づくりをすることが重要です。

子供部屋のリフォーム実例

子供部屋のリフォーム事例を紹介します。

例えば、7畳強のスペースを仕切って子供部屋として使う場合、間仕切りにウッドブラインドを使用するのがおすすめです。
ウッドブラインドによって採光や通風を確保でき、プライバシーも保てます。

また、子供部屋のスペースが狭い場合は、クローゼットの下にベッドを格納できるタイプにすると、使用時だけベッドを引き出すので、空間を有効活用できます。
将来的に2部屋に分けることができるよう、子供部屋に2つのドアを設けた例もあります。

その他にも、子供が部屋で走り回って遊ぶことを想定して、床には防音パネルを貼り、通常より防音性能を高めることもできます。

子供部屋のリフォームを考えていらっしゃる方は、まずプロに相談してみましょう。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

子供部屋のリフォームをご検討されている方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営!
    厳しい審査を通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で
      営業される心配がない

    • 気兼ねなく
      自分のペースで
      とことん相談できる

    • 断るときも
      ボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全!
    保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。

リフォーム会社お探しサイト
(業界最大手LIXIL[リクシル]が運営するサイト)

無料でかんたん! まずは相談・見積

  • メニュー
  • マイページ

リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > 子供部屋をつくりたい!子供部屋のリフォームのポイント

お役立ち情報

リフォームのきっかけ
(家族について)
子供部屋をつくりたい!子供部屋のリフォームのポイント

子供部屋にはおもちゃや洋服、学校用品など幅広い収納が必要になります。

今回は子供部屋をリフォームする場合のポイントについて紹介します。

子供部屋のリフォームのポイント

子供部屋の収納スペースをつくるリフォームとして、固定した収納スペースもいいですが「成長に合わせて移動できる可動式タイプ」や「間仕切り機能を兼ね備えた製品」が便利です。

子供が小さいうちはベッドや机を並べて使い、必要な年齢になったら部屋の中央に間仕切収納を設けるのも一つの方法です。

この方法であれば、兄弟がいる場合もそれぞれのスペースをつくれます。

子供部屋は「将来の子供の成長に合わせて、レイアウトや収納が変えられるようにする」ことがポイントです。

勉強や遊びを通して感性も育てることができる子供部屋ですが、楽しい雰囲気づくりと個性の演出も考えてあげるといいでしょう。

子供部屋リフォームのアイデア

「子供部屋のリフォームをしたいけれど、今すぐには難しい・・・」という方は、家具を工夫してみましょう。

例えば、ベッドや机に収納などが組み込まれた機能性家具を使うと、1つの子供部屋を2人で使うことができるようになります。
もしくは、ロフトベッドを置けば、狭い部屋でも2人で使えます。

おすすめの家具は「置き方や組み合わせが変えられるシステム家具」です。
幼い頃はベッドを部屋の中央に並べて一緒に使い、大きくなってきたらベッドを背中合わせに配置したり、カーテンで仕切ったりできます。

子供の成長に合わせてそれぞれの空間が確保できるようにあらかじめプランを立てるようにしましょう。

子供はそれぞれの環境の中で多くのことを学びます。
子供部屋のリフォームやインテリアを考える際には「創造力を養うようなもの」「子供の感性が磨かれるもの」を心がけて、子供部屋づくりをすることが重要です。

子供部屋のリフォーム実例

子供部屋のリフォーム事例を紹介します。

例えば、7畳強のスペースを仕切って子供部屋として使う場合、間仕切りにウッドブラインドを使用するのがおすすめです。
ウッドブラインドによって採光や通風を確保でき、プライバシーも保てます。

また、子供部屋のスペースが狭い場合は、クローゼットの下にベッドを格納できるタイプにすると、使用時だけベッドを引き出すので、空間を有効活用できます。
将来的に2部屋に分けることができるよう、子供部屋に2つのドアを設けた例もあります。

その他にも、子供が部屋で走り回って遊ぶことを想定して、床には防音パネルを貼り、通常より防音性能を高めることもできます。

子供部屋のリフォームを考えていらっしゃる方は、まずプロに相談してみましょう。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

子供部屋のリフォームをご検討されている方はお気軽にご相談ください!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営! 厳しい審査を
    通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で営業される心配がない

    • 気兼ねなく自分のペースでとことん相談できる

    • 断るときもボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全! 保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

おすすめリフォーム情報

個人情報をSSLで暗号化し、保護しておりますので、安心してご利用いただけます。