リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > リフォームの見積の取り方と注意点

お役立ち情報

価格 リフォームの見積の取り方と注意点

初めてのリフォームで分からないことが多い見積の取り方。
今回はリフォームの見積の取り方と注意点について紹介します。

リフォーム費用の見積の前に・・・

リフォームは計画的に行うことが大切です。

リフォームを検討し始めたら「無理なく使えるお金がどれだけあるのか」をまず計算してみましょう。

次にリフォームの目的を明確にしましょう。
「家全体のリフォームなのか」「キッチンやバスルームなどの水まわりだけなのか」「外壁のリフォームなのか」など、リフォームする場所や内容によって料金が異なります。

また、リフォームにかかる日数も変わってきます。
リフォームの目的が明確になってからリフォーム会社に見積を取るようにしましょう。

また、耐震補強や介護などを目的としたリフォームのように、目的によっては国や自治体から補助金が出たり、低利で融資が受けられたりするなどの助成制度が設けられている場合があります。

しかし、リフォーム初心者にとっては不明点が多くあると思います。
まずはプロに相談してみましょう。

リフォームの見積の流れ

見積は「リフォームがいくらでできるのか」を計算してもらうために取るものです。
見積を取ってもらうにあたり「現地調査」でまずは家に来てもらい、現在の家の状態を調べてもらいましょう。

現地調査を踏まえた上で「どのようにリフォームしたいのか」「希望の内容でリフォームできるのか」など、リフォーム会社に相談をします。
それを受けてリフォーム会社はプランニングをし、見積を出すというのが一般的な流れです。

見積は、金額だけを比べるのではなく「その費用でどんなリフォームができるのか」をしっかり見て判断しましょう。
どんなリフォームができるのかは、設計図を見ることでわかります。

さらにどんな材料が使われるのかを、仕上げ表および見積の明細から読み取りましょう。
見積の詳細の見方が分からない場合は、気軽にリフォーム会社に質問してみましょう。

リフォームの見積を取る際の注意点

リフォーム工事で「見積」と呼ばれる書類には「見積明細」「設計図」「仕上げ表」の3種類が含まれています。
どれが欠けても、リフォームの金額と内容を正確に把握できません。

また、見積書の中身も「工事一式○○円」の羅列の場合は要注意しましょう。
工事ごとの材料や単価、合計までの明細はしっかり把握しておき、内容に不備がある時は「その会社は本当に信頼できるのか」を見極める指標の一つになるとも言えます。

もし見積の金額が予算を超えていた場合は「コスト調整」を行います。
コスト調整が必要な際は必ずリフォーム会社に相談しながら行いましょう。
コストは重要なものですが、コストにとらわれず、まずはリフォーム内容を第一優先に確認するようにしましょう。

その他の注意点としては「打ち合わせで決めたことや追加・変更したことはすべて書面で残しておくこと」です。

書面で残しておかないと、後々トラブルになってしまうことや変更するために費用がかかることもあるので、変更希望などはメールやファックスを使うことで履歴や書面を手元に残すようにしましょう。

また、決定した事項が必ず見積に入っているかどうかもあわせて確認することが大切です。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

お見積の取り方がわかったら早速お見積を取ってみましょう!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営!
    厳しい審査を通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で
      営業される心配がない

    • 気兼ねなく
      自分のペースで
      とことん相談できる

    • 断るときも
      ボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全!
    保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。

リフォーム会社お探しサイト
(業界最大手LIXIL[リクシル]が運営するサイト)

無料でかんたん! まずは相談・見積

  • メニュー
  • マイページ

リフォームTOP > お役立ち情報 > リフォームの基本のキ > リフォームの見積の取り方と注意点

お役立ち情報

価格 リフォームの見積の取り方と注意点

初めてのリフォームで分からないことが多い見積の取り方。
今回はリフォームの見積の取り方と注意点について紹介します。

リフォーム費用の見積の前に・・・

リフォームは計画的に行うことが大切です。

リフォームを検討し始めたら「無理なく使えるお金がどれだけあるのか」をまず計算してみましょう。

次にリフォームの目的を明確にしましょう。
「家全体のリフォームなのか」「キッチンやバスルームなどの水まわりだけなのか」「外壁のリフォームなのか」など、リフォームする場所や内容によって料金が異なります。

また、リフォームにかかる日数も変わってきます。
リフォームの目的が明確になってからリフォーム会社に見積を取るようにしましょう。

また、耐震補強や介護などを目的としたリフォームのように、目的によっては国や自治体から補助金が出たり、低利で融資が受けられたりするなどの助成制度が設けられている場合があります。

しかし、リフォーム初心者にとっては不明点が多くあると思います。
まずはプロに相談してみましょう。

リフォームの見積の流れ

見積は「リフォームがいくらでできるのか」を計算してもらうために取るものです。
見積を取ってもらうにあたり「現地調査」でまずは家に来てもらい、現在の家の状態を調べてもらいましょう。

現地調査を踏まえた上で「どのようにリフォームしたいのか」「希望の内容でリフォームできるのか」など、リフォーム会社に相談をします。
それを受けてリフォーム会社はプランニングをし、見積を出すというのが一般的な流れです。

見積は、金額だけを比べるのではなく「その費用でどんなリフォームができるのか」をしっかり見て判断しましょう。
どんなリフォームができるのかは、設計図を見ることでわかります。

さらにどんな材料が使われるのかを、仕上げ表および見積の明細から読み取りましょう。
見積の詳細の見方が分からない場合は、気軽にリフォーム会社に質問してみましょう。

リフォームの見積を取る際の注意点

リフォーム工事で「見積」と呼ばれる書類には「見積明細」「設計図」「仕上げ表」の3種類が含まれています。
どれが欠けても、リフォームの金額と内容を正確に把握できません。

また、見積書の中身も「工事一式○○円」の羅列の場合は要注意しましょう。
工事ごとの材料や単価、合計までの明細はしっかり把握しておき、内容に不備がある時は「その会社は本当に信頼できるのか」を見極める指標の一つになるとも言えます。

もし見積の金額が予算を超えていた場合は「コスト調整」を行います。
コスト調整が必要な際は必ずリフォーム会社に相談しながら行いましょう。
コストは重要なものですが、コストにとらわれず、まずはリフォーム内容を第一優先に確認するようにしましょう。

その他の注意点としては「打ち合わせで決めたことや追加・変更したことはすべて書面で残しておくこと」です。

書面で残しておかないと、後々トラブルになってしまうことや変更するために費用がかかることもあるので、変更希望などはメールやファックスを使うことで履歴や書面を手元に残すようにしましょう。

また、決定した事項が必ず見積に入っているかどうかもあわせて確認することが大切です。

お見積(概算費用)と訪問見積りの違い

リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。リフォームに関する公的な支援制度やリフォーム情報等、お客様の役に立つ情報を取り揃えています。

お見積の取り方がわかったら早速お見積を取ってみましょう!

個人情報を伝えずたった3分で完了

リフォームコンタクトは最大8社から一括見積がとれるリフォーム会社紹介サイトです!

  1. ポイント1 業界最大手のLIXILが運営! 厳しい審査を
    通過したリフォーム会社のみの紹介だから
    安心してリフォームをお願いできる!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。 つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!

    お客様とリフォーム会社がリフォームをご成約になったときの「成約手数料」は一切いただいておりません。つまり、仲介手数料がないので金額が適切で安心です!
  2. ポイント2 お客様の立場に立って作ったサービスだから
    リフォーム会社の比較・相談がしやすい!
    匿名で納得いくまで相談・比較できる!

    自分でリフォーム会社を探す必要はございません。ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。あなたは気にいったリフォーム会社を選ぶだけなんです!

    匿名だからこそできるメリット

    • 電話や訪問等で営業される心配がない

    • 気兼ねなく自分のペースでとことん相談できる

    • 断るときもボタン一つでOK!
      気を使う必要ございません

  3. ポイント3 リフォーム工事後のアフターフォローも万全! 保険が使えるので万が一の場合も安心!

    リフォームコンタクトに加盟しているリフォーム会社はリフォーム瑕疵保険の事業社登録をしています。
    ご要望を登録いただければ、地域に密着したリフォーム会社を複数社紹介いたします。万が一リフォーム後に欠陥が見つかった場合でも安心です。

    建築士(第三者機関)による検査 + リフォーム工事の補修費をまかなう保険金

おすすめリフォーム情報

個人情報をSSLで暗号化し、保護しておりますので、安心してご利用いただけます。