リフォームTOP > お役立ち情報 > 贈与税の非課税措置

お役立ち情報

贈与税の非課税措置

平成22年1月22年1月1日から平成23年12月31日までの間、満20歳以上(贈与を受けた年の1月1日時点)のものが親などから住宅取得等資金を受けた場合の贈与税の非課税措置が拡充されます。

贈与を受ける者がどちらかを選択 相続時精算課税 暦年課税

増改築等の場合の適用条件 (1)増改築等後の家屋の床面積が50m2以上であること。
(2)増改築等後の床面積が1/2以上に相当する部分を自ら所有し、居住する住宅であること。
(3)増改築等の工事費が100万円(税込)以上であること。
(4)併用住宅の場合は、居住部分の工事費が全工事費の1/2以上であること。

  • 贈与税の非課税措置は、贈与を受けた翌年の申告期間(2月1日~3月15日)において、贈与税の申告書及び必要書類を税務署に提出した場合に、適用を受けることができます。
  • 申告の際に、増改築などをしたことを証明するために、「確認済証」の写し、「検査済証」の写し、又は「増改築等工事証明書」などが必要となります。
  • 手続き等については、最寄りの税務署にお問い合わせください。
●基礎知識
相続税 贈与税
相続税は、被相続人(死亡した人)の死亡により、被相続人の親族等(相続人)が相続で取得する財産に対して課税される税金です。 贈与税は、生前に財産を贈与した際に課税される税金です。

ページの先頭へ戻る


個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。