リフォームTOP > お役立ち情報 > 見積をとるときのコツ

お役立ち情報

見積をとるときのコツ

リフォームしたい事を明確にする

リフォームしたい事を明確にする

リフォームを考え始めたら、事前に希望・要望を明確にしておくことが大切です。 リフォーム完了後に「こんな感じじゃなかった?」「もっと良くなると思っていたのに・・・」と不満が残らないようにしましょう!!
リフォームを考えはじめたら、あれもこれもとなり費用がかさむものです。費用面から考えても、希望・要望を明確にしておくことが大切です。

▼リフォームしたい場所・理由・優先順位を書き出す
現在の住まいで困っていることをあげてみましょう。「屋根が雨漏りする」「キッチンの流し台の高さが合わず腰痛になる」など、いろんな悩み・理由があると思います。緊急性の高い物から順番をつけると、より問題箇所がはっきりとしてきます。

▼ご家族の意見も聞いてみる
ご家族それぞれのご希望も聞いてみましょう。たとえば、息子さんは「夏場に西日の当たる窓を何とかしてほしい」と思っているかもしれません。娘さんは「ご近所にも気兼ねなくピアノを弾いたり音楽を楽しみたい」と思っているかもしれません。家族みんなが満足いくリフォームを実現させましょう!!

リフォーム要望チェックシート(PDF形式:10.5KB)

自分にあった会社を絞り込む

自分にあった会社を絞り込む

リフォーム会社によっては、リフォーム場所別に、得意、不得意分野がある場合があります。
例えば、キッチンや洗面、バスルーム系の水まわりを専門に長年手がけてきた会社を前身とする会社は、やはり、水まわり系のリフォームが得意です。
複数のリフォーム会社の営業マンを呼ぶのではなく、 リフォーム会社の実績やお客様の声・評価 等をみて、ある程度、自分にあったリフォーム会社を絞り込んでください。

※リフォームコンタクトでは、会社概要、実績、お客様の声・評価、場所等をご確認いただく事ができます。

お申込みはこちら

やりたい事を明確に伝え、見積をとる

やりたい事を明確に伝え、見積をとる

例えば、「南欧風に」とはっきりイメージを伝えたはずなのに、できあがったら思い描いていた雰囲気と違った。というお客様の話があります。
イメージというのは、抽象的になりがちなものです。
打ち合わせの際に、お客様の希望がわかる雑誌の切り抜きや住宅展示場で撮って来たお気に入りの写真など、資料を用意すると、プラン作成もスムーズに運び、仕上がりにもご満足いただけることでしょう。

リフォームしたい場所・理由・優先順位、家族の意見を書き出す

複数のリフォーム会社の営業マンを呼ぶのではなく、リフォーム会社の実績やお客様の声・評価等をみて、ある程度、自分にあったリフォーム会社を絞り込む

雑誌の切り抜きや写真を使って、やりたいことを明確に伝える


ページの先頭へ戻る


個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。