リフォームTOP > 屋根リフォーム > お役立ち情報 > 屋根メンテナンスの目安

お役立ち情報(屋根リフォーム)

屋根メンテナンスの目安

一般的に塗装の耐久性は10年ぐらいといわれておりますが、使用している塗料の種類や施工方法、建築の立地条件によってちがってきますので、建物の劣化状態を定期的にチェックして診断することが重要です。

外壁がモルタル、サイディングの場合、表面をこすって白い粉が付くチョーキングという現象がでてきたら塗膜が劣化している状態。 また、クラック(ひび割れ)やかび、藻の付着物も要注意です。家の構成部材であるコンクリート、木材、プラスチック、鉄やアルミニウムなどの材料は、放置していると腐食・腐朽・分解等の劣化が進みますので、塗料(塗膜)は、それを防ぐ重要な役割をもっています。屋根、外壁の劣化は、美観だけでなく建物の耐久性にも大きく影響します。劣化の兆候があれば、早目の補修や再塗装をおすすめします。

外壁メンテナンスが必要とされる症状の例
チョーキング
チョーキング
クラック
クラック
割れ
割れ
屋根メンテナンスが必要とされる症状の例
はがれ・チョーキング(トタン)
はがれ・チョーキング(トタン)
色あせ・チョーキング(トタン)
色あせ・チョーキング(トタン)
色あせ・チョーキング(スレート)
色あせ・チョーキング(スレート)
写真提供:日本ペイント

ページの先頭へ戻る


個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、厳しい加盟店審査基準をクリアーした
お客様のご要望にお応えできるリフォーム会社をご紹介いたします。