お役立ち情報(風呂・浴室リフォーム)

風呂の種類

「在来工法のお風呂」と「ユニットバス」の違い

在来工法とユニットバスでは、双方メリット・デメリットがあります。
詳しくは、リフォーム会社(加盟店)と相談しましょう!!

在来工法のお風呂 昔ながらのやり方で、現場にて、職人が、知識と経験で組上げるお風呂。
浴槽、タイル、水栓金具など自由に選ぶことができ、時間をかけて、こだわりのお風呂を作りたい方にオススメです。
ユニットバス 必要な商品を工場で生産し、パッケージ化したお風呂。
パッケージ商品ではあるが、浴槽、タイル、水栓金具等 決められた商品から選ぶ事ができる。
安定した品質の商品をお客様に提供でき、人気がある。
在来工法より、短期間で仕上げることができ、保温性、防音性、水密性など機能がすぐれている。
また、目地がすくなくお掃除がカンタンです。

風呂サイズの基本

お風呂サイズの基本は、在来工法、ユニットバスともに、主に 0.75坪、1坪、1.25坪の3種類が一般的です。

0.75坪タイプ(1216タイプ)1坪タイプ(1616タイプ)1.25坪タイプ(1620タイプ)

ページの先頭へ戻る


個人情報をSSLで暗号化し、
保護しておりますので、安心
してご利用いただけます。

リフォームコンタクトでは、全面・場所別リフォームから増改築まで、審査基準をクリアーした
リフォーム会社をご紹介いたします。